EVENT イベント

THEY TELL US ABOUT IT...
コンプレスポーツで勝利を

彼らが語るストーリー

私は毎日コンプレスポーツのソックスを履いています。 特に「ProR2」はすべてのレースと、トレーニングの際に愛用しています。私の場合、「R2」は痙攣を抑え、特に下りの時に筋肉を安定させる効果を発揮します。レース後はもちろん、仕事中や飛行機移動の際にも「フルソックス」を履くのがお気に入りです。

ルドビック・ポムレ選手:

2016年UTMB 優勝


2009年に右ふくらはぎの疲労骨折をして以来、ずっとコンプレスポーツのコンプレッション・ウェアを愛用しています。 トレーニングも大会も、ずっとコンプレスポーツです。着用している時はコンプレッションが衝撃を吸収しつつ、それでいて血流も良くなっている感覚が得られます。とても気持ち良い感覚で、痙攣や痛みもなく、完璧です! 暑い日には日差しから守ってくれ(色が白いものは特に太陽光を反射するので)、ふくらはぎの筋肉を涼しく保ってくれます。水を少しかけると、さらにクールダウン効果があり、爽快感が得られます。 レース後や激しいトレーニングの後には、とりわけ「フルレッグ」が欠かせません。私にとって、リカバリーの最善な方法です。

フレデリック・ヴァン・リルデ選手:

2013年アイアンマン世界選手権 優勝
2011年/2012年/2013年 アイアンマン・フランス(ニース)優勝
2013年アブダビ・トライアスロン優勝
アイアンマン・南アフリカ優勝


私がコンプレスポーツのソックスを履く理由は単純です。 とにかく快適だからです。履いて走る時の気持ち良さと身体の反応の良さが心地よいので、パフォーマンスが上がると確信できます。

クレイグ・アレキサンダー選手:

アイアンマン世界選手権コナ 優勝3回


遠征移動やリカバリーには「フルレッグ」、レースには「R2」、「アンダーウェア」、「プロレーシング・アームスリーブ」と、新しい「バックパック」を愛用しています。私はコンプレスポーツ製品を使用して走るようになってから4年が経ちますが、もうこのコンプレッション・ウェアなしでは走れないです。今では毎日の必需品です。

ジゴール・イトリエタ選手:

2014年エベレスト・トレイルレース 第3位


レース翌日の筋肉痛や、当日のふくらはぎの疲労を軽減するために、コンプレスポーツの「カーフスリーブ」を使用しています。さらに、コンプレスポーツ製品の全ラインナップをトレーニングとリカバリーで愛用し、全身の筋肉が常にフレッシュな状態で痛みが出ない状態を保つようにしています。

メリッサ・ハウスチルド選手:

2013年 アイアンマン70.3世界選手権 優勝
2014年 アイアンマン・ポートマッコリー 優勝
アブダビ・トライアスロン 優勝


自分のコンディションができる限り良い状態でトレーニングやレースを行いたいので、コンプレスポーツ製品を使っています。「R2カーフスリーブ」や、「V2コンプレッションソックス」は、激しいトレーニングや競技で、私のパフォーマンスとリカバリーを助けてくれます。

サージ・カナデイ選手:

ウルトラスカイランナーシリーズ・ファイナル 第2位、2014年 ザ・ラット50 第2位、2014年 パイクスピーク・アセント・ワールド・ロングディスタンス マウンテンチャレンジ 優勝、2013年/2014年 スピードゴート50 優勝、2013年/2014年 タラウェア100 優勝、ザ・ノースフェイス50・エンデュランスチャレンジ 優勝


過酷な条件のトレーニングや距離の長いレースの際に、コンプレスポーツ製品を愛用しています。 私のワークアウトとリカバリーの秘訣はコンプレスポーツです。毎日続けていても、日に日に自分の肉体を限界に引き上げることができています。レースでは、コンプレスポーツの「カーフスリーブ」のお陰で疲労が軽減され、ゴールまでスピードと効率を保ちながら自分の力を出し切ることができます。

ラッセル・マクブライド選手:

アイアンマン70.3 カルガリー優勝、アイアンマン70.3 ヴァインマン第3位、アイアンマン70.3 イーグルマン第3位、アイアンマン70.3 世界選手権 第9位


コンプレッションは、職業としてトライアスロンをしている私にとって必要不可欠です。と言うのも、すべては自分のパフォーマンスに掛かっているので、ワークアウトが終わったら直ぐにリカバリーできることが重要なのです。そのために「レッグ・コンプレッション・スリーブ」を使い、次のワークアウトまでには両足がフレッシュな状態に戻るようにしています。それだけではなく、コンプレスポーツのソックスやカーフスリーブをトレーニング中に着用することで、筋肉へのダメージやワークアウト中の疲労を軽減することもできます。 毎日明けても暮れてもトレーニングなので、コンプレスポーツ製品は私の成長をいつも一緒に支えてくれます。

ブレント・マクマホン選手:

2014年アイアンマン・アリゾナ優勝(サブ8)、2014年アイアンマン70.3 フィリピン 優勝、 2014年アイアンマン70.3オーガスタ 優勝、2014年アイアンマン70.3ホヌ 優勝、2014年アイアンマン70.3ボイシ 優勝


私はランニングのバイオメカニクス(生体力学)を専門にしてきたので、コンプレッションが身体にもたらす生理的利点を良く理解しています。コンプレスポーツ製品は、その利点を最適に、しかも快適でスタイリッシュなデザインで提供してくれます。私がもっとも頼りにしているのは「R2」とソックス類で、ハードなワークアウトやレースでの筋肉負担を軽減してくれます。 リカバリーにも驚くほど効果があり、とりわけレースに向かうまでの時間には大切な存在です。数日間もかかるような長い移動、とくに長時間のフライトから来る悪影響を最小限にしてくれます。

マガリ・ティッセイア選手:

2013年アイアンマン70.3 マンシー 優勝、2014年アイアンマン70.3 マイアミ 優勝、2014年 アイアンマン70.3 シルバーマン 優勝、2014年 アイアンマン70.3 モントレンブラント世界選手権 第10位


私はかなりのコンプレスポーツ中毒です。まず、とにかくコンプレスポーツ製品が大好きです。長距離ランニングの時も、数時間のランの後でも痙攣から守り、疲れを軽減してくれます。さらに、コンプレスポーツ製品を2セッション続くハードなトレーニングの合間や長時間のランニング、大きなレース後のリカバリー用に愛用しています。
コンプレスポーツの何が他と決定的に次元が違うかというと、私の専門であるトレイルランニングに革新をもたらしているところです。新しいアイデアやデザイン、素晴らしいワクワクするようなカラーバリエーションなど、既成概念にとらわれない思考こそがこのブランドの鍵だと思っています」

ディエゴ・パゾス選手:

2016年 UTWT アイガーウルトラトレイル 優勝、2016年 トランス・グランカナリア125k 第3位、2016年 80K DUモンブラン 優勝